必ず盛り上がる!二次会の人気景品おすすめランキング
必ず盛り上がる二次会景品えらびの極意

二次会の景品えらびは幹事の腕の見せどころ!

特集 迷ったらコレ!トレンドを押さえた二次会景品まとめ買いセット3選
予算で選ぶおすすめ二次会景品セット
予算~3万円
予算~5万円
予算~8万円
予算~10万円
TOPページ » 完璧!二次会幹事の御用達マニュアル » やりくり上手な予算管理術

やりくり上手な予算管理術

二次会成功のためには「予算配分」が大切なのです

ここでは、結婚式の二次会にかかる費用の内訳と、会費の金額決定方法など、二次会運営の予算にまつわる話をまとめています。

赤字になることなく、新郎新婦もゲストも満足してくれる二次会にするにはどうすればいいのでしょうか?

結婚式の二次会の予算は?

一般的な結婚式の二次会の内訳は、次のようになっています。

  • 会場代(会場レンタル代、料理・飲み物代)
  • 装花などテーブルの飾り
  • 新郎新婦の衣装
  • ケーキ代(ケーキ入刀を行う場合)
  • ゲームの景品
  • 演出や余興で使用する備品
  • ゲストへのプチギフト
  • 二次会の招待状

ウェルカムボード画像

ある調査によれば、60名くらいの規模の二次会では、会場代は約30万円ほどだといわれています。

それに、上記の費用をプラスすると、どんなに節約したとしても最低5万円、景品を豪華にしたり、演出によっては30万円以上かかることもあります。となると、二次会の予算は35~60万円ほどになります。

通常、結婚式の二次会は会費制になっていて、会費の設定金額によって、新郎新婦の負担額が変わってきます。

負担を減らすには、会費を高く設定すればいいのですが、あまり高い会費では出席率が低くなりますし、会場代以外の費用もすべて含めて参加人数で割ってしまうと、会費の割に料理や飲み物が乏しく感じられてしまい、ゲストの不評を買いかねません

結婚式の二次会というおめでたい席で、みんなが気持ちよく過ごすためには、飲食代やゲームの景品など、ゲストにかかる費用はなるべくケチらないこと

その上で、新郎新婦の衣装は誰かに借りたり、演出や余興で使用する備品は、できるだけ家にあるものを使ったり、招待状はメールにするなど、削れるところは削って、上手にやりくりしてみましょう。

二次会会費の相場はいくら?

では、結婚式二次会の会費の相場は、というと、ゲストの年齢層や地域にもよりますが、5,000円前後というところが多いようです。

学生時代の友人など、若い人が多い二次会であれば4,000~5,000円、会社の上司や親戚が多いのであれば7,000~8,000円くらいに設定してもいいかもしれません。

友人の多い二次会であっても、飲食店の料金が比較的高い首都圏や関西圏では、6,000~7,000円くらいが相場のようです。
結婚式画像

また、男性と女性では、食べる量に差があるため、会費にも差をつけるということもあります。

その場合、男性は女性の会費よりも1,000~2,000円くらい高めに設定されています。

ここで忘れてはならないのが、欠席する人が多いと赤字になってしまうということ。

結婚式の二次会の費用は、そのほとんどを会費で賄っているためです。赤字を出さないためには、出席率を上げなければなりません。

友人に既婚者が多いのであれば、開始時間を早め、妊婦さんや子連れでも参加しやすい会にしたり、交通の便のいい場所にしたり、一人で参加することのないよう、中学、高校、大学、バイトなどのグループ単位で招待するなど、出席率の高い二次会になるよう、新郎新婦とともに考慮してみましょう。