必ず盛り上がる!二次会の人気景品おすすめランキング
必ず盛り上がる二次会景品えらびの極意

二次会の景品えらびは幹事の腕の見せどころ!

特集 迷ったらコレ!トレンドを押さえた二次会景品まとめ買いセット3選
予算で選ぶおすすめ二次会景品セット
予算~3万円
予算~5万円
予算~8万円
予算~10万円
TOPページ » 完璧!二次会幹事の御用達マニュアル » 二次会の流れ

二次会の流れ

二次会を成功させるためには、当日の基本的な流れを押さえておくことが大事。基本を押さえたうえで、オリジナリティを発揮しましょう。

二次会当日の基本的な流れ

二次会の進行に決まりはありません。オリジナリティを存分に発揮しましょう。

ただし、土台となる基本的な流れを無視したオリジナリティは禁物。ここでは、その基本をおさえておきましょう。

  • 1時間前…幹事が先に入店する
    幹事は二次会開始の1時間前には入店しましょう。その時間に受付の準備や装飾、お店のスタッフとの打ち合わせを行います。
  • 30分前…受付を開始して出席者を店内に導く
    受付の開始は二次会の始まる30分前が理想です。すでに出席者の行列ができていると思われますので、貸し切りでない場合は、店内の一般客に迷惑をかけないよう、整然と並んでもらいましょう。
  • いよいよ…乾杯
    開始時刻がきたら、まず参列者だけで乾杯をします。乾杯役に声をかけて下さい。空席があったとしても、3分の2程度が埋まっていれば、乾杯しても大丈夫。
  • 「ふたりの到着までしばし談笑を」と声かけ
    談笑・歓談は、約20~30分。この間に出席者の確認、その時点での会費のまとめをしておきます。後でバタバタしないように、この時間も有効に活用してください。
  • 新郎新婦の到着時間を確認する
    あらかじめ新郎新婦に、到着時間を連絡してくれるように依頼しておきましょう。なお、到着時間の目安は、二次会開始から20~30分後。あまり遅いと、ダラダラとした飲み会のようになってしまうので要注意です。
  • 新郎新婦を入場させる
    二次会開始30分後を目途に、新郎新婦の入場を促します。入場に先立って、会場の参加者にはクラッカーの準備をさせ、入場と同時にクラッカーを鳴らす段取りを説明しておきます。
  • 再度乾杯をする
    改めて幹事より正式な挨拶をし、乾杯します。
  • 再度、談笑時間をつくる
    このタイミングで再度、欠席者の確認や会費のまとめなどを行います。
  • 余興・ゲームで盛り上げる
    二次会開始1時間後を目安に、余興やゲームを開始します。
  • メインイベント!ケーキカット
    二次会終了30分前を目安に、司会者はケーキカットへと導きましょう。
  • 記念写真の撮影
    お店のスタッフに頼んで、全体の写真やテーブルごとの写真を撮ります。
  • 新郎新婦から挨拶をしてもらう
    会場全体を静かにし、新郎または新婦から挨拶をしてもらいます。
  • 締めの挨拶を行う
    二次会終了5分前を目安に、司会者が締めの挨拶を行います。三本締めや一本締めなどが一般的です。
  • 新郎新婦に「お見送り」をしてもらう
    新郎新婦に出口付近に立ってもらって、「お見送り」をしてもらいます。新郎新婦から、ちょっとしたギフトを手渡すのが一般的です。

以上が二次会当日の基本的な流れになります。

この流れをしっかりおさえたうえで、存分に幹事のオリジナリティを発揮して、カップルだけでなく、参加してくれた方々の一生の思い出に残る素敵な二次会にしてください。