必ず盛り上がる!二次会の人気景品おすすめランキング
必ず盛り上がる二次会景品えらびの極意

二次会の景品えらびは幹事の腕の見せどころ!

特集 迷ったらコレ!トレンドを押さえた二次会景品まとめ買いセット3選
予算で選ぶおすすめ二次会景品セット
予算~3万円
予算~5万円
予算~8万円
予算~10万円
TOPページ » 完璧!二次会幹事の御用達マニュアル » 幹事の会費について

幹事の会費について

結婚式二次会の幹事は、会費を免除してもらえるのでしょうか?一般的な例をまとめてみました。

幹事は会費を払うの? 

二次会の幹事の仕事は、当日だけではありません。招待状の準備や発送、会場との打ち合わせ、幹事同士の打合せ、景品の購入など、あげればきりがないくらいに仕事があります。それを本業の合間にやるわけですから、当分は休みが取れない状況にもなるでしょう。

しかも二次会当日は、一般ゲストとは違い、食事をしているヒマなどありません。新郎新婦のために奉仕の心にならなければ、やっていられない仕事です。

そのような大役を引き受けたうえでも、幹事は二次会参加の会費を払うのでしょうか?むしろ対価をもらいたいくらいなんて思う方もいるのかも…

幹事の本音とは

実は、この議論、昔から様々な意見が飛び交っています。

何が正解か、という結論はありません。幹事を依頼されたときに、その人がどのような気持ちで幹事を引き受けるか、あるいはその地域によっても、どのような形が常識なのかによります。

以下、口コミを参考に様々な意見をまとめ、考察しました。

  • 「無償で会費を払う」派
    幹事とはいえ、結婚式の二次会への参加者です。
    むしろ、一般ゲストよりも親密な関係にあるからこそ、幹事をお願いされているのです。
    新郎新婦へのお祝いの気持ちがあるならば、会費は払うべきと考えて幹事を引き受けている人も多くいます。
    見返りがあるかないかなど、問題ではありません。自分の二次会のときには、逆に幹事をお願いしましょう。そうして友情を深めていくことが、一番の財産ではないでしょうか。
  • 「会費は払うがお礼は欲しい」派
    ゲスト名簿に名前がある以上は、二次会でどういう役割を与えられたにせよ、会費を払うのが常識です。
    お店側では、幹事であろうが受付であろうが、人数としてカウントされています。
    しかし体験談を見てみると、二次会終了後に新郎新婦が、そっとお礼を手渡してくれたということが多いようです。何らかの品物でのお礼もありますが、現金が一般的。
    金額は会費分だけではなく、労力の分を上乗せしてくれていることもあるとか。
  • 「会費は払わない。そしてお礼も欲しい」派
    新郎新婦をお祝いしたい気持ちはあっても、会費は別問題と捉える方もいます。
    幹事は本業の合間に、休みも削って二次会へ向けた仕事をしなければなりません。
    当日は食事もとれずお酒も飲めない状況で、そこに会費を払うのは納得ができないという人も…。
    理屈で考えれば会費を払う必要はなく、むしろお礼をもらうのが当然と考えて、会費を払わない幹事もいるようです。

結局どんな方法が一番多いの?

どんな方法にせよ、新郎新婦を祝いたい気持ちは同じです。幹事を依頼されたら、まずはお金のことを考えずに、快く引き受けましょう。

多くの場合が、会費のことは新郎新婦が事前に伝えてくるはずです。通常は「会費は要らない」と言ってくるでしょう。その場合は、特に会費を払う必要はありません。

新郎新婦から特に何も伝えられていない場合は、会費を払っておくのが無難です。幹事がたくさんの仕事をしていることを、新郎新婦は知っています。二次会後に会費を上回るお礼が届くかもしれませんよ。