必ず盛り上がる!二次会の人気景品おすすめランキング
必ず盛り上がる二次会景品えらびの極意

二次会の景品えらびは幹事の腕の見せどころ!

特集 迷ったらコレ!トレンドを押さえた二次会景品まとめ買いセット3選
予算で選ぶおすすめ二次会景品セット
予算~3万円
予算~5万円
予算~8万円
予算~10万円
TOPページ » 【予算別】結婚式の二次会景品えらびの裏ワザ

【予算別】結婚式の二次会景品えらびの裏ワザ

二次会成功のポイント教えます

ここでは、予算に応じた結婚式の二次会用景品のえらび方について紹介しています。

二次会の景品は、予算によって押さえておきたいポイントがあります。ゲストの人数や顔ぶれによって、どんな景品を選べばいいのか、コツをつかんでおけば盛り上がること間違いなしです。

結婚式二次会の景品選びのポイント

二次会の景品は、予算によって押さえておきたいポイントがあります。

たとえば、景品予算が3万円以下の場合。この場合は、参加人数が少ないことがほとんどなので、参加者の好みや家族構成がわかりやすいというメリットがあります。参加者の嗜好に合わせたもの、家族で楽しめるものなどを考慮して景品を選ぶといいでしょう。

親しい人たちだけが集まるパーティーなら、新郎新婦にちなんだ商品を出すのも、アットホームな雰囲気を演出することができておすすめです。

予算が5万円あれば、目玉商品にディズニーランドなどの人気テーマパークなどのチケット、高級グルメ、人気家電などを掲げることができます。

こうした目玉商品を含むセットでも、景品の内容によっては点数を増やすこともできますし、逆に、点数を絞って、景品のクオリティを上げるということも可能です。

二次会の会費を高めに設定するなどして、予算が8万円ほどあるというのであれば、豪華な景品を選ぶことができます。参加人数が多いようなら、なるべくたくさんの人に景品が行き渡るよう、当選数を増やしてみてはいかがでしょう。

会費が高いと、料理の質やゲームの景品に対して、ゲストもシビアな目で見るようになります。「高い会費を払ったのに、景品がコレ!?」と思われては、新郎新婦の顔も立ちません。参加者を満足させるような内容の景品を選ぶようにしましょう。

パーティーは予算配分が大切

新郎新婦が二次会費用を負担してくれた場合など、予算が10万円近くあるなら、目玉商品もかなり豪華なものが用意できますし、50点セットなどで、ほとんどのゲストに景品を渡すということもできます。

みんなが景品を手にすることでゲストの満足度も高まり、二次会の雰囲気も断然よくなります。